PowerPoint資料が上手くまとまる!プレゼンの型

プレゼンの型を使って納得させるPowerPointを短時間で完成させる

PowerPointを作成しながら内容が上手くまとまらず、内容変更や順番の入れ替えをしてあれこれと考えるうちにプレゼン前の資料作成に長い時間を費やしてしまった経験はありませんか。また、上司など周囲から指摘を受けて編集していくうちに資料内容がまとまりを失ってしまい、頭を抱えてPowerPointに向かう方も少なくないようです。 このような苦労を避けるために、まずはプレゼンの型を使いこれに沿ってPowerPointの内容をまとめてみてはいかがでしょうか。プレゼンの型に沿った構成を守ることで周りからの受ける細かな指摘に振り回されることも少なくなります。

PowerPointに向かう前に、プレゼンの型を選ぶ

チェック1:作成するPowerPointは、何のためのプレゼンに使うのかを確認する

プレゼンの目的は具体的には千差万別ですが、大きくは2つの目的に分けられます。

一つ目は、相手を説得するためのプレゼン。営業資料、社内で稟議を上げるもしくは投資家にむけたプレゼンもこれにあたります。相手になんらかの意思決定を促すことが目的です。 二つ目は、相手に把握を求める説明を意図したプレゼン。社内外への報告や研修での資料は、相手に説明しメッセージを認知してもらう、内容を理解してもらうことを意図しています。

チェック2:PowerPointの目的にあったプレゼンの型を選ぶ

チェック1で整理したプレゼンの目的に基づいて、適したプレゼンの型を選びます。相手を説得しやすい話の順序と、相手が内容を把握しやすい説明の順序は少し異なるためです。プレゼンの型は目的にあった順序、構成がきちんと踏まえられています。

PowerPointをまとめやすい代表的なプレゼンの型

プレゼンのノウハウを教える研修や書籍で様々なプレゼンの型が紹介されていますが、ここでは一般的によく使用されるものをいくつかご紹介します。

PowerPointがまとまるプレゼンの型1:「DESC法」

メリットを明示するため、相手の承認を得るのに適した構成です。

PowerPointがまとまるプレゼンの型2:「PDF法」

何をしてほしいかを明確に伝え相手に行動を促すための型です。

PowerPointがまとまるプレゼンの型3:「PREP法」

理解、記憶を促すとともに説得力が増すため、説得するプレゼン、把握を求めるプレゼンともに使える構成です。

PowerPointがまとまるプレゼンの型4:「STAR法」

業務報告など、自分が行ったことを理解してもらうプレゼンに適しています。

PowerPointがまとまるプレゼンの型5:概要から詳細へ

テーマについて知識がない相手が頭の中を整理しやすい構成です。

PowerPointがまとまるプレゼンの型6:時系列で展開

内容全体を網羅して説明し、ムラなく理解してもらいたいときに有効です。

ご紹介したプレゼンの型は、プレゼンをつくるルールではありませんがプレゼンの方向を決める上での選択肢が得られPowerPointの作成を手助けしてくれるツールです。

PowerPoint「内容まとめサポート」サービス利用で、プレゼン準備をスムーズに

PPworkではPowerPointの内容が上手くまとまらない、まとめに時間がかかりすぎるというお悩みに対して「内容まとめサポート」を提供しています。オンラインでのミーティングの他、必要に応じて資料のラフ案の作成資料の仕上げも行います。

PPwork内容まとめサポート http://ppwork.biz/2020/07/27/matome/


プレゼンの型を活用して、
質の高いPowerPoint資料を短時間で作成しましょう。

そもそもパワーポイントとは?

パワーポイントとはなんだろう?

プレゼンテーションをするときに普通に使われるようになったパワーポイント。まだ個人にパソコンが普及するまでは、営業するときはきれいに印刷されたパンフレットと手書きの見積書を持って客先を訪問していました。それが今では打ち合わせのたびにパワーポイントで資料を作って説明することが多くなりました。ではなぜパワーポイントを使っているのでしょう?

パワーポイントとはポイントを強調する補助的なツール

パワーポイントとは読んで字のごとく、説明したい内容の「ポイントにパワーを与える」つまり、ポイントを強調するためのツールです。紙に印刷されたパンフレットやカタログなどはたくさんの情報が載っており、打ち合わせの中で必ずしも必要ない情報もあります。できる限り必要ない情報をそぎ落として、重要なポイントに集中してもらうために使うとパワーポイントの力が発揮されます。

TED(https://www.ted.com/)のプレゼンテーションを見たことがあるでしょうか。講演者の後ろの大きなスクリーンに映し出されているのは、写真1枚だけ、1単語だけ、グラフだけといった非常にインパクトがあり、最も重要なことしか表示されていません。今話しているのが何なのかをわかりやすくするためにポイントだけ表示しているのです。

1スライドに情報を詰め込むと逆効果

特に日本人のプレゼンテーションで多くありますが、細かい情報まで入れ込もうとして1枚のスライドの中に情報を詰め込んでしまったり、プレゼンテーションの中で何度も同じ情報を入れてしまったりする人がいます。1スライド1メッセージとよく言われますが、重要なポイントに集中してスライドを作成することが大切で、情報が多すぎると重要なポイントがぼやけてしまい、パワーポイントを使用する意味がなくなってしまいます。

なぜ情報を詰め込みたくなるのか

パワーポイントで作る資料の役割を正しく認識しないと情報を詰め込んでしまいます。パワーポイントで提出した資料が相手先の社内でひとり歩きすることを恐れるあまりに、非常に細かい情報まで資料に入れ込みたくなってしまい、結果情報過多になってしまうのです。もしひとり歩きするリスクを恐れるのであれば、情報を詰め込むのではなく、注意書きとして「※詳細の内容は別途見積書をご参照ください。」や「※詳細は利用規約をご参照ください。」など、資料のどこかに1文だけ入れておけばよいわけです。その資料が果たす役割として最も重要な目標は何かを明確にして、その目標に向かうために必要ではない情報は別の場に預け、目標達成するための情報に注力することが重要です。

資料の内容に自信がない場合は誰かに頼ることも必要

PPworkでは、ご担当者様のスムーズかつ効果的な資料準備をお手伝いするためのオンラインミーティングサービス「内容まとめサポート」を提供しています。資料を読む相手の視点・メリットを見直し、ロジックに基づいた情報整理、図解化などの視覚的表現のアイデアをサポートします。

PPwork内容まとめサポート http://ppwork.biz/2020/07/27/matome/


パワーポイントとは何なのか?
いま一度立ち返ってわかりやすい資料を作りましょう!

無料テンプレートを活用して
オシャレなパワポをつくろう

パワポの印象を決めるテンプレートをもっとオシャレに

見やすくてわかりやすいだけでなく、パワポはそのデザインは相手が受ける印象に大きな影響があります。

プレゼンターのブランドや企業イメージの他、プレゼンのテーマに合ったテンプレートを使用することも大切ですが、プロジェクタへの投影やPDFの配信などパワポをどのような場面で見てもらうか、その使い方でも適切なテンプレートは変わってきます。 しかし、自分でセンスのあるテンプレートをつくるのは大変です。そんな時に活用したい、オシャレなパワポのテンプレートを無料でダウンロードできるサイトをご紹介します。

海外のプレゼンのような、オシャレでかっこいいパワポテンプレートが手に入る!

Slides Carnival https://www.slidescarnival.com/ja

インパクトがあって優れたデザインのテンプレートがずらり。視覚重視のプレゼンをつくるならこのサイトがおすすめです。登録不要で利用できるため、人気のあるテンプレートダウンロードサイト。

パワポの内容もオシャレにデザインできるオブジェクトも魅力

ALLPPT.com https://www.free-powerpoint-templates-design.com/

テンプレートのデザインに合わせた内容例がスライドに入っているため、そのパーツを活用して中身もブラッシュアップできます。 「Business」「Education」などカテゴリ分けされているので、テーマにあったテンプレートを選びたい方にもおススメ。

テンプレートにぴったり合うイラストなどイメージ素材も一緒にダウンロード

Slidego https://slidesgo.com/

イラストや写真イメージを活用したテンプレートが多く掲載されています。そのイラストなどイメージ素材も入手できます。Googleスライドでテンプレートを使用する方は、このサイトからワンクリックで取り込みも可能。

オシャレなだけじゃ使えない?
やっぱり日本語のパワポにあったテンプレートが一番

Bizocean 書式の王様「 PowerPoint 」の書式テンプレート https://www.bizocean.jp/doc/search/all/ppt/

海外のスライドでは内容が入りきらない、デザインが強すぎて使いにくいという方にオススメなのがこちらのサイト。利用には会員登録が必要ですが、パワポだけでなく、契約書や管理表など多種多様なテンプレートがダウンロードできます。

イメージ、資料内容に合ったオリジナルのテンプレートが必要な場合

PPwork オリジナルテンプレート作成 http://ppwork.biz/option/

PPworkでは要望や用途に合わせて、独自のテンプレートを制作します。資料の内容もそのデザインに合わせてブラッシュアップしています。企業イメージなどをきちんと反映し、内容にぴったりあったオリジナルのテンプレートが必要な方へのサービスです。


適切なテンプレートを活用してオシャレなパワポを作りましょう。

たて型のパワーポイントの作り方

たて型のチラシやリーフレットをパワーポイントで作ろう

パワーポイントで作られている縦型のチラシやリーフレットを見かけると思います。そんなチラシやリーフレットをパワーポイントで作るときの設定方法などをご紹介します。 印刷するときにプリンターを使ったり、印刷会社にお願いしたりすると思いますが、どのように印刷されるかをあらかじめ確認しておくことで、印刷したときの失敗を防ぐことができます。

まずはパワーポイントをたて型の設定に変更

パワーポイントを開いたら、「デザイン」→「スライドのサイズ」→「ユーザー設定のスライドのサイズ」の順にクリックします。

すると以下のようなウインドウが出てくるので、左側のスライドのサイズ指定のところは「A4 210×297mm」を選択して、右側の印刷の向きスライドを「縦」にチェックしてOKを押すと編集画面のスライドが縦型になります。

プリンターの設定にも注意

ただ、この設定はプリンターで印刷するときに周りに余白がある想定の設定となりますので、お使いのプリンターがフチなし印刷ができるタイプで周りの余白も無くしたい場合は、スライドのサイズ設定の幅を21.0cm高さを29.7cm(A4サイズの場合)と入力します。

印刷する時には必ずプリンターの設定をフチなし印刷にしておくようにしましょう。

印刷会社のたて型のパワーポイントのテンプレートをダウンロード

パワーポイントのデータのまま印刷をすることができる印刷会社では、あらかじめ縦型の設定がされているパワーポイントのテンプレートを無料で用意していることが多いです。 印刷会社ごとに設定が違いますので、必ず依頼する印刷会社のテンプレートをダウンロードして使うようにしましょう。

プリンターのフチなし印刷や印刷会社での印刷で注意しておきたいこと

プリンターのフチなし印刷の場合、紙よりも少しはみ出して印刷することでフチがない印刷になっていることが多いです。また、印刷会社の場合は、大きめの紙に印刷して後から裁断する方式になることが多いです。どちらの場合もスライドのぎりぎりまで文字を入れてしまうと印刷時に文字が切れてしまうことがあるので、少なくとも周り1cmには文字を入れないようにしておくと失敗しないでしょう。

チラシやリーフレットのデザインをプロに依頼することもできる

PPworkではリーフレットやパンフレットなど、印刷物の原稿をパワーポイントで制作します。パワーポイントの原稿なので手直しもご自身でできるので、一度制作すれば後は自由に変更することができます。


パワーポイントでたて型のチラシやリーフレットに挑戦してみましょう。

資料ブラッシュアップのアウトソーシング「Googleスライド清書」

リモートワークの増加により、Googleドライブでの資料共有、Googleスライドで資料を修正する場面が増えています。安全な環境下で簡単に社内外とデータの共有ができ、複数のメンバーによる編集が可能な点も業務を行う上で大変便利だと言えるでしょう。

しかしPowerPointファイルをアップロードした時の不具合や編集の際の操作性や機能が限定されることが、資料のレベルの低下、作業時間の増加の原因にもなっています。 10年以上PowerPointを専門に様々な企業様の資料作成をお手伝いしてまいりましたが、この度社内のトレーニングを経てGoogleスライドの資料ブラッシュアップも承ることができるようになりました。「Googleスライド清書」のサービス概要とともにご紹介します。

<解決課題1> 
社内のPowerPoint資料をGoogleスライドに移行させる際の不具合解決が大変

PowerPointスライドをインポートした時に起きる不具合の補正が必要

リモートワーク推進に伴って資料をGoogleドライブに移行する際に、以下のような不具合を補正するのはかなりの時間を要します。

  • フォントの種類や大きさ、改行位置の変化による体裁の崩れ
  • グラフが画像化されることで編集できなくなる
  • 設定されていたアニメーションが変化してしまう、など

この補正作業を当社へアウトソーシングいただくことで効率化できます。

<解決課題2>
ちょっとした調整に時間がかかりすぎる

これまでのツールとは異なる操作性でちょっとした修正も負担に

整った資料は読みやすく、説得力があります。しかし、資料の体裁を整えることに大切な時間を費やすのは好ましいことではありません。私たちはその作業時間の無駄を削減します。

<解決課題3>
見栄えのする資料まで仕上げるのが難しい

選択できる色が限られ配色をしづらいため、センスのある色使いにならない

機能が限られて、思うようなデザインにできない

社外へ向けた資料はキレイで見やすい必要がありますが、PowerPointのようなデザイン性をGoogleスライドで再現することは困難です。当社の資料デザインのノウハウとGoogleスライドの機能を使って最大限に見栄えのする資料に仕上げます。


株式会社PPworkが
Googleスライドの編集アウトソーシングサービスを実現。

スライドデザインに特化した
制作会社のデザイン技術

気軽に依頼できる
価格設定

内容を入れただけのスライドでも結構です。
御社のGoogleスライドを共有してください。
私たちが見やすい配置、整った配色に清書してお戻しします。


Googleスライド清書 1スライド¥2,500(税別)

テキストや図解の位置や大きさを整え、フォントや色調をきれいに統一


グラフ描起し 1スライド¥1,500~(税別)

画像化してしまったグラフや数値データから、Googleスライド上で編集可能なグラフを作成


アニメーション設定、調整  1スライド¥1,000~(税別)

Googleスライドへのアニメーション設定のほか、PowerPointインポート時に変化したアニメーションを適切に調整


  • ご依頼の資料の量、清書内容により費用をお見積りさせていただきます。お気軽にご相談ください。
  • お急ぎのご依頼にも特急料金で対応。最短で、ご依頼の翌々日に初稿提出。(対応可否を事前にお問い合わせください)

■詳しくはWebサイトをご覧ください。 http://ppwork.biz/google-seisyo/


▼▼▼「Googleスライド清書」アウトソーシング を支える2つの強み▼▼▼

① きれいで見やすい資料作成のコツと経験(制作会社としてのノウハウ)

2009年の創業より、10年以上スライドデザインに特化し、法人・個人、業種を問わず1500件以上の様々な資料作成を行ってきました。配置の整え方、色の選び方など、これまで培った当社のコツによりGoogleスライドでもきれいで見やすい体裁の資料に仕上げます。

② 低コスト、短納期対応を目指した 日本、ベトナムの2拠点体制

2020年3月にベトナム ダナン市に制作子会社TiDocs Desining Co,.Ltdを設立し、資料デザインについて当社独自のマニュアルによってトレーニング実施。運営コストを低減しつつ、日本の制作拠点との連携によって品質を維持した制作を実現できる体制を整えました。


株式会社PPwork(http://ppwork.biz

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル5階

マンガ+PowerPoint パワーポイントサンプル

>を押すと次のアニメーションに進みます。

PowerPoint専門制作会社の内容まとめサポート

「内容まとめ」サポートは、ご担当者様のスムーズかつ効果的な資料準備をお手伝いするオンラインミーティングサービスです。


「内容まとめ」サポート

以下の資料準備を「オンラインミーティング」「ラフ案の作成提出」でサポートします。

  • 伝えたいことを説得力ある表現に置き換え
  • 複数の関連情報を整理する
  • 頭の中のイメージを明確にする

サービスご利用のステップ

サービス料金


サポートミーティング

1回(1時間、作成対象スライド~10枚)あたり
30,000円(税別)~


資料内容ラフ案作成

1スライドあたり
2,000円(税別)~


※上記のラフ案の作成だけでなく、画像やグラフ等の描起しやスライドの清書作業を行い、
 そのまま使用できる資料の納品にも対応しております。【詳細はこちら→ http://ppwork.biz/seisyo/ 】


3つノウハウを活かしたサービス提供

資料を読む相手の視点、
メリットの見直し

資料を宛てる相手の視点の見直しからキラーワード(コンテンツ)の見極めの機会をご提供します。

ロジックツリーに
基づいた情報整理

当該分野に関する多くの情報から、論理的な説明に必要なものを選別するお手伝いをします。

図解化など、
視覚的表現のアイデア

10年以上培ったPowerPoint制作のノウハウから視覚的にわかりやすい表現をご提案します。


サービスをご活用いただいたお客様の声

「内容まとめ」サービスをご利用いただいたお客様に以下のようなご評価をいただいております。

コンサルティング会社様

<ポイント1>
アイデアをイメージに落とし込み、如何にわかりやすく表現できるかが勝負

Q:御社の資料作成について、最も大切にされている点はなんですか?

当社は、金額や効率のみを重視した短期間でのマッチングでM&Aを支援するアドバイザーとは異なり、事業主様それぞれの志やこだわりに目を向け、積み上げてきた資産、想いを継承するM&Aを実現しています。支援先の皆様とそのこだわりを可視化していくための資料として、当社独自のフレームや元となるアイデアをイメージに落とし、如何に分かりやすく表現できるがポイントだと思っています。

<ポイント2>
満足できる資料作りに欠かせないのは「事前準備」

Q:「内容まとめ」の打合せで、どんな成果を得られていますか?

使いやすく本当に納得できる資料に仕上げるには、その前の事前準備に時間を使うことが重要だと考えています。ブラッシュアップを依頼する前に必要に応じて内容を整理してくれたり、表現の仕方だけでなく内容についても示唆をもらえる点も、打ち合わせは十分な事前準備に必要な工程だと感じています。

<ポイント3>
見た目だけでなく内容も理解してくれる資料づくりのパートナー選びを

Q:PPworkに資料作成を依頼し始めたきっかけは何ですか?

PowerPointの元の資料をブラッシュアップしてくれる会社を探していましたが、見た目を単にきれいにするサービスが多い中で、最初に相談した時から内容に踏み込み、かみ砕いたうえで表現してくれることに魅力を感じて依頼したのがきっかけです。

Q:おすすめのサービス活用法のアドバイスをお願いします。

PPworkは、イメージしかない段階でも的確にデザイン化してくれる、「コンサル機能」+「デザイン機能」がうまく融合したパワーポイント制作会社だと思っています。伝えたいことを正しく資料に起こしてもらうには、PowerPointやデザインに詳しいだけでなく、ビジネスやそのフローに知見があるパートナーに依頼することが大切です。特に初めて外部に資料作成を依頼する方には、どこまで準備すべきか分かりにくいと思います。「どんな風にまとめようか。」漠然としている場合には、まず「内容まとめ」のサービスから依頼してみてはいかがでしょうか。


PowerPoint資料を動画化

すでにお手持ちのPowerPoint資料を動画化します


※この動画はPowerPointで作成しています。


これまでの営業活動では、案内や提案資料を準備して訪問し、お客様のところに出向いて直接対面で説明する業務を多くの営業担当が行っていました。

不急の訪問であっても、未来の購入、依頼につながる大切な業務です。

しかし現在、多くの参加者を会場に集める機会をつくりづらい状況にあり、この状況がいつまで続くのか不透明です。

これによりその他の事業活動への影響も考えられます。

必要な情報を先延ばししないために

説明資料をPowerPointで動画化するサービスを提供しています。

資料の動画リンク先をメールで参加予定者、受講者に送り、動画で資料内容を相手に説明することが可能になります。


PowerPointで資料を動画化すると

通常の映像制作と違い、コストが安く少ない工程で制作できるのが大きな特徴です。

御社に既にあるPowerPoint資料を使用して制作できるため、動画のために内容を考えたり、新たにシナリオを起こす必要がありません。

また、PowePointの資料に手を加えたり、他の資料から流用して作り替えることができます。


作成までのプロセスは簡単

動画にして説明したい資料、PowerPointスライドのファイルを、メールなどでPPworkまでお送りください。

お送りいただいたデータを確認し、御見積料金をお知らせします。

ご依頼のあとは制作後の動画ファイルを受け取るのみです。


安いコストで制作可能

映像制作と比較して、安いコストで制作でき、納品後も、内容に応じて安価に改訂できます。

10スライドの資料の動画化

1スライド¥50,000~(税別)×スライド枚数

  • 10スライドの資料の動画化(音声なし)の場合
  • PowerPoint、MP4動画ファイル納品
  • 編集可能なPowerPointファイルをご提供頂く場合
  • 1スライドの情報量が多すぎる場合は適宜スライド枚数を増やして制作する場合がございます。

スライドファイルだけでなく、営業先で説明している配布資料やパンフレットの内容を、PowerPointで動画化することも可能です。

BGMを埋め込んだり、ナレーションに合わせてPowerPointのアニメーションを動かすことも可能です。


PowerPointを動画化することで生まれるメリット

商品、サービスによって、訪問営業が欠かせないケースもあります。

案内、提案を複数回繰り返して購入、依頼に取り付ける場合でも、そのコミュニケーションの一部として、資料動画を活用できるかもしれません。

例えば、資料動画を活用して初期の営業活動を行い、受注や制約に直接関わる必要不可欠な訪問に、営業力を集中させることができます。


まずは無料で御見積から

動画化を検討したい商品、サービス案内、
提案資料を以下からお送りください

PowerPoint専門制作会社の資料作成アウトソーシング 「PowerPoint清書」

これまで多くの企業は「資料をきれいに見やすくすること」に、時間とお金をかけすぎていました。
そんな企業様の業務効率化・コスト削減のためのサービスです。

<Point1>「きれい資料をつくる」のは時間がかかる

資料の内容が最重要ですが、企業のイメージや見た目の印象も大切です。しかし、資料の体裁を整えることで必要以上に時間がかかってていることをご存じでしょうか。残業が減らない要因、その1位は「非効率な会議や資料作成」31.6%という結果も出ています。(日本経済新聞、2016年)

<Point2>「清書」作業は人件費の高い人材がすべきではない

「キレイに見やすくすること」は、資料の内容を考えた人以外でもできることです。頭脳を使うべき人件費の高い人が手を動かすことに時間を費やす非効率をなくし、働く人の本来の生産性を発揮するこれからの事業運営に貢献したいと私たちは考えています。


株式会社PPwork(http://ppwork.biz)が時間・コストを重視した資料作成アウトソーシングを実現。

・PowerPoint専門制作会社のデザイン品質。

・気軽に依頼できる価格設定。

資料内容をPowerPointに入れて送るだけ。
きれいに清書をしてお戻しします。

■■■ PowerPoint清書 1スライド¥2,000~(税別)■■■

資料の体裁を整え、見た目をきれいにするサービスです。

・テキストや図解の位置を整える

・フォントを統一する

・配色を整える

●  継続的に清書する資料がある場合は、月額固定プランでさらにお得に。

●  お急ぎのご依頼にも特急料金で対応。最短で、ご依頼の翌々日に初稿提出。

■詳しくはWebサイトをご覧ください。 http://ppwork.biz/seisyo/

▼▼▼「PowerPoint清書」アウトソーシング を支える2つの強み▼▼▼

①きれいに見やすい資料のコツと経験(制作会社としてのノウハウ)

2009年の創業より、10年以上PowerPointに特化し、法人・個人、業種を問わず1500件以上の様々な資料作成を行ってきました。これまで培った当社のコツと経験をご活用いただけます。

②低コスト、短納期対応を目指した 日本、ベトナムの2拠点体制

2020年3月にベトナム ダナン市に制作子会社TiDocs Desining Co,.Ltdを設立し、運営コストを低減した体制を整えました。これによって、ご利用いただきやすいサービスを実現しています。


株式会社PPwork(http://ppwork.biz

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル5階